FC2ブログ
麦焼酎『常蔵』好きな人集まれ~
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬の風物詩
2006年11月30日 (木) 22:51 * 編集
ああ、冬がやってきたな、と思う瞬間があります。
私の場合は、「初しぼり」のラベルをちぎり始める時。
この「初しぼり」は、トキハさんのオリジナル商品で、
毎年12月2日に発売されます。
このラベルを、みんなで1枚1枚手でちぎっています。
手でちぎっています。


ちぎるのも今年で4年目なので、だいぶん上手になりました。
今年出荷分は、大体ちぎり終えました。
今はラベルの切れ端の再利用を計画中です。
スポンサーサイト
嵐影さんの俳句
2006年11月29日 (水) 23:52 * 編集
大田さんから、嵐影さんの俳句を教えてもらいました。
ちょうど今ごろの季節の句です。
これは「臼杵子鑑全集」の中に書かれてあった句だと思われます。


----------------------------------------------------


菊花節 港は船に 旗日和  嵐影


大田さん解説

十一月中頃、臼杵の浜や港は、新酒や新味噌、醤油の積み出しで賑わい
湧いていたものと思われます。
一の関(一の井手)の川べりからも新酒樽を積んだ舟が、何艘も旗を立てて
出入りしたのでしょう。


----------------------------------------------------


昔は、舟を使ってお酒を運んでいたんですね。
会社の側の川から舟が出ていたんでしょう。
陸路が整備された今では、舟で運んでいるところが想像できません。

ここでは“船”より“舟”の方が合うような気がします。
杉玉を飾る
2006年11月29日 (水) 23:29 * 編集
新酒が出来たので、久家本店の門の前にも杉玉を下げました。
今年は屋根をつけて、門の前に下げています。
(去年までは工場の中の休憩室前に下げていました。)
この杉玉。毎年作り変えています。
部長と緒環さん作の杉玉。買うと5万円程するそうです。(売ってるのか!!)
雨が降っても大丈夫

屋根は、蔵人・吉田さん(元大工さん)の手作りです。
ホームセンターで売っている普通の木で、こんな立派な屋根ができるなんて
驚きです。
屋根があるので、雨が降っても大丈夫。
お酒の学校
2006年11月29日 (水) 18:44 * 編集
11月25日(土)、大分県酒造組合さん主催の「お酒の学校」というイベントで、
久家本店の工場見学がありました。
女性ばかり約20名が、お酒を造る蔵を見学し、その後、自分達で作った
オリジナルラベルを貼るという体験をしました。
オリジナルラベルを貼るお酒は、前日搾ったばかりの本醸造酒です。
火入れをしていない搾りたての生原酒。
蔵元でしか味わえないお酒です。

女性ばかり約20名


松田さんが、ラベルの貼り方の説明をしています。
みなさん、初めての体験ですね。
ラベル貼りのお手本


真剣に説明を聞いていますね。
さあ、お次は自分で貼ってみる番です。
次は皆さんの番です


それぞれが思い思いに作ったラベルを貼っています。
ラベルを考えるのって、楽しくて、私も好きな仕事の一つです。
今後の参考に・・・と思いながら、皆さんのを拝見させていただきました。

きれいな花や風景の写真をそのままラベルにしたり、ポストカードをラベルにする
など、アイディア満載でした。

お手製のラベルを貼っています


完成です!
「お父さんが書いた絵をラベルにしました。」とのことです。
素敵ですね。
完成!


みんな真剣です。うまく貼れたでしょうか?
みんな真剣


オリジナルラベルを貼った本醸造生原酒と、その酒粕がお土産でした。
私も欲しいです。

この後は、とり料理「ゆふ」さんにて、昼食を食べ、二王座の町並みを散策したり、
満寿屋で試飲やお買い物をされたようです。

この「ゆふ」さんでは、久家本店からも、社長、松野さん、大田さん、上野さんが
一緒に行ったのですが、そこで大田さんが歌って踊っての大サービスだったとか。
見れなくて、そして写真に収められなくて残念です。


これを機に、一の井手のお酒を飲んでいただければ嬉しいな・・・。

今年初の板粕
2006年11月24日 (金) 22:47 * 編集
11月23日に、今年初めての搾りがありました。
搾ったのは、本醸造生酒として出荷されるお酒です。

今日は、その搾った後に出来る「板粕」をはがしました。
酒粕をはがす大田さん

こんなにキレイにはがれます。
板粕を持った大田さん。
恥ずかしいのか(?)板粕で顔を隠しています。
恥ずかしがり屋???

反対側では、緒環さんが板粕をはがし中です。
何だか、とっても楽しそうな顔ですね。
そんな楽しそうな顔をされると、私もやってみたくなります。
はがすのが楽しくって仕方が無い!

こんなにキレイにはがれましたよ。
これで甘酒作ったら、美味しいだろうな。
キレイな板粕


次の搾りは、しぼりたて生原酒です。
大田さんの蔵日記
2006年11月21日 (火) 21:37 * 編集
大田さんから、清酒の造りの写真とコメントをもらったので、
ご紹介します。


------------------------------------------------

この秋一号の酒が近日中にしぼられる予定。

暗い蔵の中で、只ふつふつとモロミは静かに醗酵しております。
静かに醗酵中

深海から湧いたような無色透明な泡。
時間と共に、うぐいすの卵の卵白を泡立てたような、綺麗で
クリーミーな泡に変わって、真っ白に輝いています。
沸き立つ泡

どんな酒に仕上がるのだろう。
真剣勝負中。

櫂を入れながらも、思惑ありげに、真剣にモロミを混ぜる松野杜氏。


------------------------------------------------

今週末には、本醸造生酒。
来週明けには、しぼりたて生原酒が出来上がる予定です。

写真を撮って、みなさまにもお見せしますね。
お楽しみに。
もうすぐ新酒が出来上がります。
2006年11月21日 (火) 21:28 * 編集
今年も新酒が出来上がる季節になりました。
新酒が出来上がると、毎年、杉玉を軒下に吊るします。
これは、今年も新酒が出来ましたよ、という合図です。

久家本店でも、毎年新酒が出来るころ、杉玉を作ります。
今年は、部長と緒環さんで作りました。

出来上がった杉玉ふたつ。
杉玉ふたつ

なんだかマリモみたいです。
かわいらしいけれど、チクチクするので注意です。
部長は手を傷だらけにして完成させていました。
まりも?


12月2日から、しぼりたて生原酒が発売になります。
今年出来たばかりの新酒が味わえます。
これは、しぼって、そのまま瓶詰めした、蔵元で、この時期しか味わえない
お酒です。
私も飲めるのを今から楽しみにしています。

出来上がった頃に、杉玉を、久家本店と満寿屋に掲げたいと思います。
表彰されました。
2006年11月17日 (金) 21:54 * 編集
本日、社長が、臼杵税務署長から表彰されました。
団体の活動を通じて納税道義の高揚に功績のあった人が表彰されるそうです。
これが、社長がいただいてきた表彰状です。
早速、会社に飾りました。


税務署が推奨しているe-taxでの申告やインターネットバンキングでの
納税に取り組んでいるからでしょうか?
なんにしても、表彰されるのは嬉しいですね。

これからも税務行政に協力していきます!(社長談)
とのことです。

とりあえず、来月からインターネットバンキングでの納税が始まります。
IT化久家本店。
うすき竹宵開催!
2006年11月04日 (土) 09:19 * 編集
本日、11月4日(土)と、明日、11月5日(日)にうすき竹宵が開催されます。
臼杵の街中が竹ぼんぼりの明かりに灯されて幻想的な夜になります。

私も今日、満寿屋にお手伝いに行くので、竹宵に来られる方は、ぜひお寄り下さい。
たくさんのお酒と私が待っておりますので。
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。