麦焼酎『常蔵』好きな人集まれ~
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一の井手お猪口プレゼント発送しました
2007年05月28日 (月) 12:10 * 編集
遅くなりましたが、5月26日に「一の井手ミニお猪口」のプレゼント当選者へ
お猪口の発送をしました。
昨日か今日には皆さんのお手元に届くと思います。
当選おめでとうございます。

割れないように梱包して発送していますが、もし口が欠けてたりしたら、
連絡を下さい。

では、一の井手お猪口でお酒をお楽しみ下さい。

お猪口の感想などいただけたら、嬉しいです。
スポンサーサイト
IWC2007(International Wine Challenge2007)
2007年05月25日 (金) 00:04 * 編集
嬉しい事が続いています。

なんと、世界最大規模のブラインドワインテイスティングコンテスト
「International Wine Challenge」に、日本酒部門が設けられ、
久家本店のお酒も出品しました。
そして、結果が出たのですが、な・なんと、「大吟醸 九六位」が
銅賞を受賞しました!

IWC2007結果発表はコチラ

世界に羽ばたく久家本店ですね。

メダルとかもらえるんでしょうか?
もしもらえたら、メダリストのように齧ってみたい。
金賞受賞酒を利き酒
2007年05月24日 (木) 22:15 * 編集
今日は広島で金賞受賞酒の利き酒があり、
社長、松野さん、昌二君、吉田君で行ってきました。
一の井手を利き酒した社長が、
感想と共に画像を送ってくれました。
若さに溢れた、ハツラツとしたお酒だったとの事。
味わいたいですね。

一の井手発見!


利き酒を終えた面々は「すき家」の牛丼に
なま卵、チーズ、キムチなどをトッピングしたものを軽くたいらげ、
臼杵への帰途についたそうです。

おいしいのかな・・・・・?
永年勤続受賞
2007年05月23日 (水) 21:21 * 編集
今日は大分県酒造組合さんの永年勤続授賞式があり、なんと中野課長が30年表彰を受けました。
しかも受賞者代表謝辞という大役もおおせ付かっているので
みんなの前で謝辞を述べました。
緊張ぎみながらも立派に大役を果たしたそうです。
よかった、よかった。

緊張の面持ちの中野課長


それにしても・・・勤続30年とはすごいですね!
私が生まれる前から久家本店に勤めてたんですもの。
赤峰部長は勤続40数年だし。
二人とも久家本店の大先輩で、尊敬しております。

ということで、中野課長おめでとうございます!
そして、これからも宜しくお願いします。
全国新酒鑑評会
2007年05月21日 (月) 22:45 * 編集
平成18酒造年度全国新酒鑑評会の結果が公開されました。
これが、熊本国税局管内の入賞蔵一覧です。

なんと、久家本店の大吟醸酒が、2年連続で金賞を受賞しました!
嬉しいですね。松野杜氏や大田さん、製造部の人達の頑張りのお陰です。

今年も金賞受賞酒を販売する予定ですので、出来たらまたお知らせします。

これに驕ることなく、いいお酒を丁寧に造っていきます。
22才の別れ
2007年05月15日 (火) 20:34 * 編集
随分間が開いての更新となってしまいました。
ゴールデンウィーク最終日からずっと、なぜか夜になると発熱し、
朝には治るという奇病(?)に侵され、やっと治ったところです。

そんなこんなで、いつの間にかゴールデンウィークも終わり、
すっかり、いつもの日常です。
私のゴールデンウィークは、まあ例年通り、何もせずに終わったのですが、
唯一、ブログで紹介できるのは、映画「22才の別れ」を観に行ったという
ことくらいです。

臼杵や津久見の見た事のある景色がたくさん出てきて、嬉しかったです。
そして、1番の(個人的?)見所は、居酒屋のシーンです。
居酒屋のおやっさん長門さんの後ろにチラチラと映る・・・
まだ未見の方は、どうぞ、居酒屋のシーンに注目して観て下さい!

臼杵市民会館で観たら貰えた冊子です。
22才の別れ

満寿屋が載ってます。大林監督作品に因んだ「なごり雪」も。
満寿屋が載ってます。


やっぱり、竹宵のシーンは圧巻です。
改めて、大分って、臼杵って素敵な町だなと思いました。
トヨノカゼで麦焼酎を造ります。
2007年05月02日 (水) 22:21 * 編集
いつの間にやらGWです。
そして、いつの間にやら4月が終わっていました。
明日からはGW後半戦。4日連続でお休みとは。5月7日が心配です。


それはいいとして。

4月27日に、「トヨノカゼ」立毛研修会というのがあり、参加させて頂きました。
この「トヨノカゼ」は、大分県では国東で味噌用に作られていますが、
臼杵でも焼酎に使ってみようということで、今回作り始めたそうです。

臼杵産はだか麦の「イチバンボシ」で造った「ほげほっぽ」に続く
新たな焼酎が生れるんです。


立毛研修会は、臼杵の望月地区で行なわれました。
社長の挨拶です。
社長の挨拶


「トヨノカゼ」について説明してくれた二宮さん。
麦の説明をしてくれた二宮さん


この麦で新たな焼酎を造ります。
どんなものになるのか・・・
生産物供給先は久家本店です。


トヨノカゼ畑。まだ緑色が濃いです。
トヨノカゼです。


期待に胸を膨らませる社長と松野さん。
どんな焼酎になるかな・・・


麦穂のチクチクを触る足立。また口が開いてる・・・。
チクチクじゃー!


「トヨノカゼ」の麦畑。青々として美しいです。
これはトヨノカゼ。まだ緑です。


これは「イチバンボシ」の麦畑です。
こちらの方が、少し黄色がかった麦穂です。
これはイチバンボシ


こちらの方が、収穫が早いかな?
トヨノカゼより少し黄色いです。


次は久家本店に場所を移して蔵見学です。
場所を久家本店に移して蔵見学。


松野さんが説明中です。
優れものの三角棚を説明中。


こちらでは社長が説明中。
古い蔵の中。


「トヨノカゼ」の刈り入れは5月中旬だそうです。
どんな焼酎になるのか、楽しみです。
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。