FC2ブログ
麦焼酎『常蔵』好きな人集まれ~
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤猫まつりDEサンマまつり
2007年09月30日 (日) 00:20 * 編集
9月23日は、サーラデうすきにて「赤猫まつりDEサンマまつり」が行なわれました。
今年も気仙沼直送の美味しいサンマが食べられるとあって、
たくさんの方が来られました。
サーラデうすきにて。


私もKUROBOZEの販売をする為、行ってきましたよ。

KUROBOZE1杯200円。
8本持って行きました。
KUROBOZEを販売しました。


サンマ焼き隊長は、今年もこの方。
この道8年のカボ彦師匠。
今年もカボヒコさんが焼きます。


今年も常蔵前掛けを付けて焼いています。
隊長のゲキが飛ぶ!


この前掛けは、先日のにっぽん菜発見の取材でも活躍しました。
常蔵前掛けが良く似合う


お昼時、お客さんもサンマの香りにつられて集まっています。
お客さんずらり。


天気がよく、サンマを焼くのは暑くて大変そうでした。
そんな時は、KUROBOZEの水割りを!
KUROBOZEを片手に。


今年は、気仙沼のサンマのほかに、アジもありました。
アジもありました。


KUROBOZEが足りなくなり、5本追加して、全部で13本分販売しました。
というか、今年はコップが大きかったので、一人当たりの焼酎の量が
多かったです。
ラッキーですよ、お客さん。



そして終了後の打ち上げです。
お疲れのご様子のサンマ焼き隊長カボ彦さんと、ポルト蔵の安野店長。
ほげほっぽと常蔵を飲みました。
口があいとりますがな。


カボ彦さんのこの顔・・・。
どこかで見たわ・・・と思ったら、ステレオ少年というバンドのしんいちさんのプログで見たんですね。



9月は目黒SUNまつりや稲刈り、赤猫まつりDEサンマまつりなどの外でのイベントで
もう秋だというのに、こんがり日焼けしました。
ヒリヒリして痛かったですが、楽しかったから良しとします。
スポンサーサイト
稲刈りの追記
2007年09月29日 (土) 21:31 * 編集
プランタで育てた稲を刈り取り(切り取り)、陰乾しした後、
コップで脱穀しました。
コップで脱穀。


焼酎の200mlカップ一杯分くらいとれました。
カップ一杯の米


今回は、実が入ってないものも多く、穂も頼りない感じでした。
来年は、田んぼに負けないくらい立派な子に育てるつもりです。
めざせ、カップ二杯分。
稲刈りしました。
2007年09月29日 (土) 21:20 * 編集
以前、田植えをした若水の田んぼの稲が熟れたので、
9月22日に稲刈りをしてきました。

若水の田んぼ


田植えのときも良い天気でしたが、刈り取るときも、また良い天気。
汗をかきつつ、収穫を楽しんできましたよ。
目黒SUNまつり
2007年09月28日 (金) 20:45 * 編集
まだまだ蝉が飛んでいる今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

9月16日(日)、目黒のSUNまつりに行ってきました。
いや~、目黒はあつかった、いろんな意味で。

その様子をどうぞ。

大分空港にて。
回る看板を設置してから初めて空港に行ったので、じっくり見てきました。

これは常蔵バージョン。
つねぞう


これは一の井手バージョン。
いちのいで


最後はなごり雪バージョン。
なごり雪


ひとり、興奮しつつ、写真を撮る怪しい足立をご想像下さい・・・。


で、目黒SUNまつりです。
焼酎の販売をしました。
「常蔵」「KUROBOZE」「黄カボスの秘蜜」「石仏カップとかぼす」を持って行きましたよ。
久家本店コーナー


これは臼杵市ブース全体。お隣はうすき製薬さんが、かぼすやカボス果汁を販売してました。
臼杵市のブース


焼酎を買ってくれたお客様にはかぼすのプレゼント付でした。
かぼすプレゼント


臼杵王の字
2007年09月25日 (火) 21:29 * 編集
臼杵市望月地区に300年以上続いている火伏祈願行事に「王の字」があります。
毎年八朔(旧8月1日)より毎夜3日間行われます。
今年は9月11日(火)12日(水)13日(木)の3日間でした。

立石山の山腹にある、王の文字に配置された穴に麦わらを入れ、一斉に火をつけます。

村が大火に見舞われた時、秋葉神社を建立し祀り火伏と災害を取り除く為、
王の字を奉納したのが、始まりと言い伝えられております。

この王の字、足立家からも見えるんです。

あっという間に消えてしまいますが、炎が美しいです。
これを見ると、夏が終わるな、と思います。
足立家から見える王の字

久家本店でさんま祭
2007年09月25日 (火) 21:02 * 編集
気仙沼のさんま祭の続きのような。

社長が気仙沼から送ってくれたさんまをみんなで焼いて食べました。
プチさんま祭in久家本店

ぴっちぴちの気仙沼産さんまです。
ぷりぷり気仙沼さんまちゃん


炭火で焼きます。
焼かれる気仙沼さんまちゃん


焼きたて熱々の気仙沼のさんま。
いっただっき、いっただっき


には、臼杵産のかぼすと大根おろしを添えて。
さんま、カボス、大根おろしでうまそう。


今日はビールですか。
ビールをクイッ。


新鮮なので、サンマをお刺身でもいただきました。
新鮮なので、お刺身で。


やっぱり、一の井手も飲まないとね。
一の井手もクイッ。


こちらでは、焼けるのを待っています。
早く焼けないかな・・・。


気仙沼のサンマは目が澄んでいます。
純真なのね、きっと。
目が澄んでいる気仙沼のさんまちゃん


サンマ焼き隊の足立が、じっとサンマを見つめとります。
火が出たら霧吹きでシャーっと水をかけるんです。
まっだかな、まっだかな。


初さんま焼き隊でしたが、最後に社長が焼いたさんまが一番きれいに焼けていました。
100匹あったサンマは焼いたり、生のまま持って帰ったりして、
家族でいただきました。おいしかった!

さんまはやっぱり気仙沼のさんまだよ、お母さん。
気仙沼さんま祭
2007年09月25日 (火) 20:18 * 編集
これは9月9日(日)に気仙沼で開催されたさんま祭の様子です。
社長から送られてきた画像付メールとコメントとともに、
足立のコメント(つっこみ?)を添えて皆様にご紹介します。


20070909213527.jpg

社> 早朝の気仙沼港、大きい。臼杵魚市場の何十倍あるんだろうか?
   中年男の哀愁、みちのくひとり旅。

足> ここに気仙沼の美味しいサンマが揚がるんですね。
   ジョージ山本が赤いところに足をかけて立っていそうな場所です。
   カモメも飛んでていい雰囲気の場所ですね。


20070909213810.jpg

社> たくさんの来場者、サンマ3,500匹。



20070909214201.jpg

社> 毎度おなじみのU字溝を使ったサンマ焼き器、ゴーグルは必需品。

足> すごい人と煙ですね。みんなお皿を持って待ち構えてますね。


20070909214711.jpg

社> カボス1ネット300円の横に常蔵、石仏のカボス割り試飲コーナー。

20070909215231.jpg

社> おなじみのサンマ祭り実行委員会のみなさんが
   献身的に手伝ってくれました。助かりました。
   有難うございました。
おかげさまで、焼酎、カボスとも全てなくなりました。

足> 石仏、常蔵、KUROBOZEの3種類のカボス割が楽しめたんですね。


20070909215901.jpg

社> すがとよ酒店さんでは、みなさんで、歓迎していただきました。
   若店長からは昨日の三陸新報朝刊に去年のサンマ祭りの記事があり、
偶然中野課長が映っていたのを見つけたとわざわざその新聞を
いただきました。お楽しみに。尚、店の前にはこのような看板が…。

足> 去年は気仙沼のさんま祭に中野課長が行ったので、そのときの写真のようです。
   中野課長、プチお目見え。
   本格焼酎お買い上げでカボスプレゼント。
   いいですね。だって、相性いいですもんね。

課長が写ってる!


これが中野課長が写っている新聞です。

20070909212830.jpg


特大さんまが、なんと25匹で1400円!安い!
これを4箱、社長が送ってきてくれたので、9月11日(火)に、久家本店でサンマ祭が
開催されたのでした。

その模様は、また後程。

9月になりました。
2007年09月01日 (土) 22:57 * 編集
今日は月初めなのでお仕事です。

午前中は良いお天気だったのですが、午後4時前から臼杵は雨が降り出しました。
どしゃ降りです。
写真を撮りに少しだけ外に出たら、じっとり濡れてしまいました。

すんごい雨ダス。


どしゃ降り具合、分かりますか?

でもまあ、最近雨が降らなかったので、たまには潤いが必要ですね。
しかし、みんなの日頃の行いが良いおかげか、帰路につく頃には雨も
やんだのでした。
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。